Long-term investment

【WBK】ウエストパック銀行の銘柄分析。豪州株投資のメリット。

ウェストパック銀行とは

ウエストパック(又はウェストパック)銀行は、オーストラリア4大銀行の一角として知られています。オーストラリアの銀行では、貸出総額ベースで2番目のシェア(22.2%)です。隣国のニュージーランドでも、4大銀行に数えられます。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)のADR銘柄として、楽天証券、SBI証券、マネックス証券などで取引可能です。

オーストラリア株なので、配当の現地課税がゼロであり、二重課税は発生しません

本拠地 豪州・シドニー
創業 1817年
セクター 金融
ティッカー WBK

2016年から低迷しているオーストラリアの銀行株

ウエストパック銀行をはじめとした豪州銀行株は、2016年以降、株価が低迷しています。その理由は一連のスキャンダルによるものです。

  1. 2016年3月。オーストラリア証券投資委員会(ASIC)が、同国の指標金利を不正に操作したとして、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)を提訴。
  2. 2016年6月までに、ウエストパック銀行 (WBC)、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)も、順次提訴される。
  3. 2017年7月から銀行税が施行。大手銀行に対する新たな課税が開始。
  4. 2018年1月末、ASICが指標金利の不正操作の疑いで、コモン ウェルス銀行(CBA)を提訴。
  5. 2019年2月4日、オーストラリア王立委員会が、一連の金利不正操作に関して、最終報告を提出。予想より厳しくなく、市場には安堵感が出始める。

オーストラリア王立委員会の最終報告の概要は、こちらをご参照ください。

参考 オーストラリアレポート。王立委員会は豪金融業界の不正調査の最終報告を公表ニッセイ

ウエストパック銀行の経常利益の推移

数値のソースは同社のアニュアル・レポートです。

経常利益は、6年ぶりの低水準になっています。その理由についてアニュアル・レポートでは、指標金利関連の訴訟や改善にかかったコスト、歴史的に低水準となった金利などが挙げられています。

ウエストパック銀行の財務

有利子負債の推移

利益剰余金の推移

有利子負債の大きさは、気がかりな水準で推移。増資や減配が懸念されていました。投資判断が難しいところでしたが、先日の通期決算でバランスシートの強化を目指すとして、増資が発表されました。

クレジット・リスク

金融機関である以上、クレジット・リスクには警戒が必要です。ウエストパック銀行の貸出総額の内、72%が一般消費者向けとなっていて、その内92%が不動産ローンです。(貸出総額に占める、不動産ローンは約66%)中長期的にオーストラリアの住宅市場が堅調であれば問題ないでしょう。

ウエストパック銀行の増資計画

参考 豪ウエストパック銀、25億豪ドル規模増資と減配発表-9月通期は減益ブルームバーグ

約25億豪ドル(約1,870億円)の増資計画と減配が発表されました。ある程度は織り込み済みだったためか、株価の変動は軽微でした。

ウエストパック銀行のフリーキャッシュフロー

2015年はマイナスですが、2016年、2017年は堅調でした。やや不安定ですね。

2018年にはフリーCFが悪化しています。フリーCFの減少要因は、一連の金利操作に関連して、不当なサービスに対する補償金を顧客に支払ったためです。指標金利操作問題が、配当原資を毀損する結果になってしまいました。

また、フィンテック関連投資で2,400万豪州ドルを計上するなど、将来に向けた投資も行なっています。

ウエストパック銀行とオーストラリア経済の評価

オーストラリア経済の見通し

オーストラリアという国の見通しは極めて良好です。人口減少社会の日本と違い、オーストラリアは長期的な人口増が見込まれています。オーストトラリアの人口は、2100年には2015年比で75.8%の増加予想日本は33.9%の減少予想。

政府債務残高を見ると、日本は内国債中心とはいえ増加傾向ですが、オーストラリアの政府債務残高は減少傾向です。現時点でもオーストラリア国債は、格付けが世界で最も高い国債(ムーディーズ最高格付けAaa、S&P最高格付けAAA)ですが、今後さらに信用力が高くなりそうですね。

GDPの増加傾向も、長期的に継続すると思われます。

つまり、オーストラリア経済の長期的な見通しは非常に良いのです。これから成長していく国です。

オーストラリア経済への投資

そのオーストラリアに投資をする場合、選択肢が限られています。低コストなインデックス・ファンドは存在していないし、購入可能な個別銘柄も限られています。例えば楽天証券で購入する場合、BHPグループ(BHPビリトン)とウエストパック銀行しか現時点ではありません。

では、ウエストパック銀行は買いでしょうか?

一連の問題については、オーストラリア王立委員会の最終報告を見る限り、最悪な時期を脱したかに見えます。また、減配後も配当利回りは6.5%程度あります。株価も過去5年間で最安値圏です。逆張りを考えても良さそうな状況ではありますね。

ウエストパック銀行は、Dow Jones Sustainability Indexの評価では、オーストラリアで最も持続可能性が高い金融機関です。(世界の金融機関で9位)

ちなみに、過去にこの銘柄について20ドル以上で買い煽る人が多かったのですが、私は18ドル台以下で買うようにしています。20ドル以上でもバリュエーション的に割安だとする記事を多く見かけますが、個人的には現状の財務を見る限り、20ドル以上で割安とは思いません。

ウエストパック銀行が売買停止に

11月26日のウエストパック銀行の取引が売買停止になりました。理由は、小児性愛者のマネーロンダリングが、同行で行われていたため。オーストラリアの閣僚が相次いで批判し、同行の経営陣には退陣要求がでています。

株価の下落も考えられるため、しばらく静観した方が良い局面です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です