Long-term investment

【VOO、USRT】米国株式(S&P500)と米国リートの比較

米国株式の歴史的なリターン

株式投資の利回り

各資産クラスのリターン比較(1802年〜2002年の200年間。インフレ調整後・配当込み) source シーゲル著「株式投資」

米国株式(Stocks)のリターンは、他の資産クラスより上下しますが(チャートもギザギザしています)、平均すると年率6.6%のリターンをあげ続けました。

株式以外の資産クラスの利回り

債権(Bonds)の利回り(年率)は3.6%、金(Gold)は0.7%、現金(US Dollar)は−1.4%です。現金はインフレにより、200年で95%価値を落としています。

株式は債権・金・現金より高利回りでした。リート(不動産投資信託)は歴史が浅いため、長期的な利回りの比較が見られません。そこで、この10年間における米国株式と米国リートを、代表的なETFにより比較してみます。

VOOの概要

VOOとは

VOOはバンガード社のS&P500・ETFです。代表的な米国株式のETFです。

運用会社  バンガード社
ティッカー VOO
投資対象 米国株式
ベンチマーク S&P500
信託報酬 0.03%
純資産額 1306.72億ドル
直近配当利回り 1.81%

VOOの構成上位10銘柄

ティッカー 銘柄 セクター 保有割合
MSFT マイクロソフト 情報技術 5.58%
AAPL アップル 情報技術 4.93%
AMZN アマゾン 一般消費財 3.77%
FB フェイスブック コミュニケーション 1.86%
BRK.B バークシャー・ハサウェイ 金融 1.62%
GOOG アルファベットC コミュニケーション 1.62%
GOOGL アルファベットA コミュニケーション 1.61%
JNJ ジョンソン・エンド・ジョンソン ヘルスケア 1.60%
V ビザ 金融 1.28%
PG プロクター・アンド・ギャンブル 生活必需品 1.27%

上位を大型テック銘柄が占めています。GAFAMの5社で、S&P500の内19.37%を構成しているのは、驚きますね。

VOOのセクター別構成比率

11セクター中トップの情報技術が25.5%です。2位のヘルスケアと合計すると、2つのセクターで4割を占めていて、現在のS&P500はこの2つのセクターに偏重しているのが分かります。

USRTの概要

USRTとは

USRTはブラックロック社が運用する、米国リート・ETFです。米国リートのETFとしては、最も有名なETFの一つです。

運用会社 ブラック・ロック社
ティッカー USRT
投資対象 米国・リート
ベンチマーク FTSE Nareit Equity REITs インデックス
信託報酬 0.08%
純資産額 12.62億ドル
直近配当利回り 4.36%

USRTの構成上位10銘柄

ティッカー 銘柄 業種 保有割合
PLD PROLOGIS REIT INC 物流 8.70%
EQIX EQUINIX REIT INC データセンター 7.98%
DLR DIGITAL REALTY TRUST REIT INC データセンター 5.30%
PSA PUBLIC STORAGE REIT 倉庫 3.80%
EQR EQUITY RESIDENTIAL REIT 賃貸物件 3.19%
AVB AVALONBAY COMMUNITIES REIT INC 賃貸物件 3.00%
ARE ALEXANDRIA REAL ESTATE EQUITIES RE 商業用不動産 2.45%
WELL WELLTOWER INC 医療系不動産 2.42%
SPG SIMON PROPERTY GROUP REIT INC 商業用不動産 2.24%
O REALTY INCOME REIT CORP 商業用不動産 2.20%

セクター分類では全て不動産になりますが、業種は様々です。米国の不動産業を幅広くカバーしています。データセンターの割合が増加しているのが、ここ数年のリートの傾向です。

USRTの業種別構成比率

リートなのでセクターは全て不動産ですが、業種別で見ると、USRTの投資先は幅広く分散されているのが分かります。

米国株式(VOO)と米国リート(USRT)のリターン比較(配当込み)

チャート

米国株式(VOO)と米国リート(USRT)のリターン比較(配当込み)

赤いチャートが米国株式(VOO)、青いチャートが米国リート(USRT)です。

2011年から2016年まではあまり差がないですが、2017年から差が広がっています。コロナショックの下落幅はリートの方が大きいですね。10年間で、米国株式は274.5%(約2.7倍)、米国リートは177.8%(約1.8倍)のリターンとなりました。

10年間の年率

VOO USRT
2011年 1.89% 9.17%
2012年 16.00% 16.70%
2013年 32.39% △0.99%
2014年 13.55% 29.12%
2015年 1.31% 3.89%
2016年 12.17% 7.19%
2017年 21.77% 5.29%
2018年 △4.50% △4.62%
2019年 31.35% 25.96%
2020年 △11.66% △26.07%
平均年率 11.43% 6.56%

VOO(米国株式・S&P500)の方がUSRT(米国リート)より高い平均年率になりました。2011年、2014年、2015年のように、リートの方がリターンが高かった年もあります。リターンの高い年にバラつきがあるため、分散投資してリバランスすることも一つのテかなと思います。

指標比較

VOO USRT
シャープレシオ 0.86 0.43
ソルティノレシオ 1.30 0.60
最高年率 32.39% 29.12%
最低年率 △11.66% △26.07%

シャープレシオは数値が高いほど、リスクを取ったことによるリターンが高いことを意味します。ソルティノレシオは、数値が高いほど下落局面で強いことを意味します。

どちらの指標も、米国株式が米国リートの2倍以上の数値となっており、少なくとも2011年からの10年間は、米国株式の方が優れていたと分かりました。

個人的な見解

米国リートが弱いというより、米国株式(S&P500)が強すぎました。特にこの10年間は、GAFAMの躍進もあり、最も優れた資産クラスだったと言えます。とはいえ、米国の人口は長期的な増加が見込まれていて、人口増が追い風になるリートへの投資にも魅力があります。

アメリカの人口は現在約3.2億人ですが、2050年に3.8億人、2100年には4.4億人まで増加するとみられます。予想のとおりになるなら、2100年までに31.5%の増です。(ソース 国連『World Population Prospects』)株式を中心に、リートにも少し投資をするのが理想的だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です