Long-term investment

VYM、HDV、SPYDの比較。コロナショック時の暴落耐性に明暗

代表的な高配当ETF3銘柄

概要

VYM HDV SPYD
信託報酬 0.06% 0.08% 0.07%
配当利回り 2.95% 4.78% 6.19%
保有銘柄数 394銘柄 75銘柄 80銘柄
純資産額 249.5億ドル 58.2億ドル 16.7億ドル

VYMはバンガード社、HDVはブラックロック社、SPYDはステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ社が運用する高配当ETFです。

主な違い

VYMは「高配当である」ことのみを条件としていて、最もパッシブな運用です。HDVは「高配当を維持できる」銘柄を選定して、頻繁に銘柄の入れ替えを行います。SPYDは各銘柄を均等な割合で保有し、リートも含みます。

詳しくは次の記事をご参照ください。

VYM、HDV、SPYDの比較。米国・高配当ETFはVYMが最も良い理由。

コロナショックでSPYDのパフォーマンスが低調

SPYD対HDV

SPYDとHDVのパフォーマンス比較(配当込み)

赤のチャートがSPYD、青のチャートがHDVです。SPYDは一時、配当込みパフォーマンスがS&P500を上回っているとして、もてはやされました。

しかし、コロナショックにおけるSPYDの下落幅は、エネルギーセクター偏重のHDVより大きいです。主にリートの暴落が影響していると推測できます。

SPYD対VYM

SPYDとVYMのパフォーマンス比較(配当込み)

赤のチャートがSPYD、青のチャートがVYMです。当ブログでは一貫してSPYDは非推奨とし、VYMが最良の高配当ETFとしてきました。(HDVはその中間の評価)

SPYDは2016年からVYMを上回っていたため、推奨する人が多かったです。しかし、今回のコロナショックでは、最も下落幅が大きい高配当ETFとなってしまいました。VYMを大きくアンダーパフォームする結果になっています。

VYM・HDV・SPYDの年率比較(配当込み)

VYM HDV SPYD
2013 30.08% 23.59%
2014 13.52% 12.56%
2015 0.28% △0.26%
2016 17.05% 15.86% 24.59%
2017 16.42% 13.41% 12.65%
2018 △5.91% △2.98% △4.88%
2019 24.07% 20.23% 21.20%
2020 △19.20% △20.86% △33.92%
平均年率 9.54% 7.69% 3.93%

2020年は4月17日時点の年率です。SPYDのファンド設定日は2015年10月であるため、データは過去5年分です。このように比較すると、2020年のSPYDの下落幅の大きさと、VYMの安定感が際立ちます。

高い売買回転率と、エネルギーセクターへの偏りが難点であるHDVも、健闘していると言えます。暴落したエネルギーセクターに逆張りする意味では、HDVも悪くないかもしれませんが、特にこだわりが無ければ、高配当ETFはVYM一択と言って良いと思います。

VYMと楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド

VYMに投資をする場合、VYMを直接買い付けて配当を自分で再投資する方法と、楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドを買い付ける方法があります。

後者のメリットは、日本の配当課税を先送りにできることです。楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドの難点は純資産額の小ささですが、今後見直されて、純資産額が大きくなれば、有力な選択肢になり得ます。

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドの詳細については、次の記事をご参照ください。

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドの評価・解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です