Long-term investment

【PFE】ファイザーの銘柄分析。エリキュースに期待の製薬メーカー

ファイザー(PFE)とは

ファイザーは米国の製薬メーカーです。売上高は世界第2位(2019年)。2016年までは1位でした。2017年以降は、スイスの大手製薬メーカーであるロシュが上回っています。

本拠地 米・ニューヨーク州
創業 1849年
セクター ヘルスケア
ティッカー PFE

ファイザーの業績の推移

売上高の推移

数値のソースはアニュアル・レポートと決算資料です。2016年〜2018年の水準から2019年は減少。売上高が減少した要因として、次の要因が挙げられます。

  • コンシューマー・ヘルスケア事業を分離。(7月31日にグラクソ・スミスクラインと統合)
  • 疼痛治療剤「リリカ」の売上が約67%減少(米国での販売独占期間が終了)
  • その他、関節リウマチ治療薬「ゼルヤンツ」等の主要な製品の売上が伸び悩む

純利益の推移

2016年は、売上高が高いのに純利益が低くなっています。この年、ベネズエラでは2015年に始まったハイパーインフレが加速し、インフレ率は700%に達しました。ファイザーは外貨損失として806百万ドルを計上。好調な売上を相殺しています。

2019年は乳がん治療薬イブランスや、ブロックバスターとなったエリキュースが貢献しました。直近の第4四半期の純損益は△3億3700万ドルとなっています。

ファイザーの財務

流動資産 流動負債 流動比率
2014年 43,804 21,587 202.9%
2015年 43,804 29,399 149.0%
2016年 38,949 31,115 125.2%
2017年 41,141 30,427 135.2%
2018年 49,926 31,858 156.7%

流動比率は短期的な財務の安定性を見る指標ですが、グレアムの基準では150%以上の銘柄が推奨されます。ファイザーは上回っている年もありますね。100%を切ると危険水域ですが、この推移なら余裕があります。

ファイザーのキャッシュフローの推移

プラスで推移していますが、2016年のフリーCFが落ち込んでいます。この年も営業CFは前年比で11.6%伸びています(147億ドル→159億ドル)。投資CFは次の買収をしたため、大幅に膨らみました。

  • がん治療薬で有名なメディベーション社を約140億ドルで買収
  • 遺伝子療法開発のBamboo社を約6億ドルで買収
  • アトピー性皮膚炎治療薬で有名なAnacor社を約52億ドルで買収

ファイザーの主力製品(2018年売上高)

薬品名 売上高 概要
プレベナー 58億200万ドル 肺炎球菌ワクチン
リリカ 46億2,200万ドル 疼痛治療剤
イブランス 41億1,800万ドル 乳がん治療薬
エリキュース 34億3,400万ドル 経口抗凝固薬
エンブレル 21億1,200万ドル 関節リウマチ治療薬
リピトール 20億6,200万ドル スタチン

この内、リピトールは2011年11月30日に特許切れしています。後発ジェネリック薬品の登場により、売上高は1ヶ月で約4割減。ブロックバスターの特許切れは、大手製薬メーカー(メガファーマ)の業績に大打撃を与えることが分かります。

上記のデータは2018年のものですが、2019年に売上が伸びた薬品がエリキュースです。新たなブロックバスターとなり、特許期間は2026年11月まであります。

ファイザーの評価

個人的な評価

次の点で悪くない選択肢だと思います。主にグレアムの基準で見ています。

  • PERが割安圏(3年平均EPSで計算すると16.87倍)
  • 流動比率が安全圏。
  • ヘルスケアはGICSの11セクターの内、歴史的リターンが最も高い。
  • 特許切れの製品が多いが、エリキュースなど数年間貢献する手堅い製品もある。

バロンズ紙の評価

バロンズ紙はファイザーを、2020年に買うべき10銘柄の1つに選んでいます。詳しくは下の記事をご参照ください。

【米国株】バロンズ紙が推奨する2020年の有望な10銘柄(ADR含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です