Long-term investment

【PFF】iシェアーズ 優先株式&インカム証券 ETFの評価・解説

iシェアーズ 優先株式&インカム証券 ETF(PFF)とは

「iシェアーズ 優先株式&インカム証券 ETF」は、米ドル建て優先株式等を対象とする、ETFです。ベンチマークはICE 上場優先株式 &ハイブリッド証券 インデックス。

運用機関 ブラックロック
投資対象 優先株式
保有銘柄数 486
経費率 0.46%
分配金利回り 3.15%
純資産額 175.72億ドル
ベンチマーク ICE 上場優先株式 & ハイブリッド証券 インデックス

優先株式とは?

優先株式とは、配当や解散した会社の残余資産について、他の株式よりも優先的に受け取ることができる株式のことです。この点はメリットですが、一方で議決権等の制限があります。

優先株式は、普通株式と社債の中間的な性質と言えます。普通株式より低リスクで、債権よりは高リスクです。

PFFの過去の値動き

PFFの過去の値動き source yahoo finance

TLTのような長期債権ETFと違い、サブプライム金融危機の時には暴落しています。リーマンショック時の値動きは、債権より株価と似ていますね。2007年以前は45〜50ドル台だったのが、2009年3月には15ドル台をつけました。

その後、株価は回復しましたが、数年間30ドル台で動かず安定しています。2011年以降の株価は短期債権ETFよりも、動かないですね。

PFFの過去のリターン(年率)

PFFの設定来パフォーマンス

ベンチマーク PFFのリターン
1年 16.92 15.62
3年 6.89 6.05
5年 5.60 4.79
10年 7.27 6.50
設定来 4.98 4.43

リターンは配当再投資をした場合の数値です。経費率がそこそこ高いため、ベンチマークとリターンには大きめな差がありますね。

設定来リターンは控えめな数値になっています。

PFFの銘柄構成

保有銘柄数

PFFの保有銘柄数は現時点で487銘柄となっています。米国と英国の銘柄のみです(95.26%が米国株)。

PFFの直近の配当利回りは4.88%ですが、これだけ分散されていて、高い配当利回りを確保できるのは、優先株式の魅力ですね。

業種別投資割合

 

金融業が多いですね。公益事業などディフェンシブなセクターが入っているのは、安心感を持てます。

組入上位10銘柄

銘柄名 セクター 組入割合
ブロードコム 情報技術 2.12%
ウェルズ・ファーゴ 金融 1.79%
XTSLA デリバティブ 1.52%
ベクトン・ディッキンソン ヘルスケア 1.50%
GMACキャピタル・トラスト I 金融 1.40%
バンク・オブ・アメリカ 金融 1.40%
シティグループ 金融 1.29%
クラウンキャッスル・インターナショナル 不動産 1.19%
センプラ・エナジー 公益事業 0.98%
JPモルガン・チェース 金融 0.96%

意外と有名な会社ばかりです。金融の多さが目立ちます。XTSLAのような運用機関(ブラックロック)のデリバティブ商品も組み入れられています。

PFFの評価

安定したインカムゲイン

株価の上昇はほとんど期待できないものの、安定して高いインカムゲインを得られるため、配当再投資による複利運用とも相性が悪くないです。株価はいずれ上がれば良いですからね。

普通株式のヘッジになり得るか?

サブプライム金融危機の時に暴落していることから、株式のヘッジとしては不向きにも見えます。ただサブプライム金融危機以外のショックでは、ほぼ下落していません。

金融業の組み入れ率が高いため、「金融危機」の性質があるショックだと、売られることもあるということでしょう。金融危機以外の暴落には耐性が強いと言えます。

PFFは買いか?

現在、非常に株高になっていて、割安に買える銘柄は限られています。特に米国株で割安な銘柄を探すのは難しい状況ですね。

購入する銘柄を探せない時に、振り込まれた配当金など、余ったドルをマネー・マーケット・ファンドに入れておくのは一般的かと思います。個人的には、PFFを購入してインカムゲインを得ながら、株式市場が落ち着くのを待つのも、悪くないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です