Long-term investment

モーサテ・アナリスト陣による2020年日経平均予測

恒例のモーサテ・アナリスト陣による年初の株価推移予測です。株価の予測は不可能であり、こういった予測が当たることの方が稀ですが、年初らしいイベントということで、一応見ておきます。

昨年よりは全体的に高めの予測になっています。今回モーサテの放送で、株価予測をしたアナリストは次の6名です。

  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 藤戸氏
  • JPモルガン証券 阪上氏
  • UBSウェルス・マネジメント 青木氏
  • SBI証券 北野氏
  • マネックス証券 広木氏
  • 大和証券 石黒氏

モーサテ・アナリスト陣の2020年日経平均予測

高値・安値

  高値 時期 安値 時期
藤戸氏 2万4,800円 5月 2万円 10月
阪上氏 2万5,000円 1-2月 2万1,000円 9-10月
青木氏 2万5,000円 5月 2万2,000円 9月
北野氏 2万8,500円 12月 2万3,500円 1月
広木氏 2万7,000円 10月 2万3,500円 1月
石黒氏 2万3,000円 2月 2万7,000円 12月

年末

終値
藤戸氏 2万3,000円
阪上氏 2万2,500円
青木氏 2万3,000円
北野氏 2万8,500円
広木氏 2万5,000円
石黒氏 2万7,000円

今年も藤戸さんは弱気派、広木さんは強気派です。とはいえ、昨年よりは差が縮まっています。今年は弱気派が目立った去年に比べると、波乱が少ない一年になりそうだと、多くの人が考えているのでしょうか。

昨年のモーサテ・アナリスト陣の日経平均予測

高値・安値

  高値 時期 安値 時期
藤戸氏 2万3,500円 6月 1万8,000円 10月
阪上氏 2万4,000円 6月 1万9,000円 1月
青木氏 2万5,000円 5月 2万4,000円 11月
広木氏 2万8,000円 12月 1万9,000円 1月

年末

終値
藤戸氏 2万0,000円
阪上氏 2万2,000円
青木氏 2万3,500円
広木氏 2万8,000円

実際の大納会終値は2万3,656 円62銭で、12月高値でした。青木さんの予測が一番近かったことになりますね。

株価予測に関する賢人の見解

ウォーレン・バフェットとチャーリー・マンガーの場合

短い動画ですが、バフェットの考え方がよく分かります。バフェットの言葉で印象的なものに、「 FRB のアラン・グリーンスパン議長が私のところへやって来て、 向こう 2 年間どのような金融政策をとるつもりかを教えてくれたとしても、私の行動に何ら影響することはありません」というものがあります。

ピーター・リンチの場合

ピーター・リンチは著書の中で、繰り返し「市況の変動は無視するように」と書いています。市況の変動は誰も読めないので、良い企業を探すことだけに集中するべきということです。最近では「バロンズ拾い読み(2019年12月22日)」のインタビューの中に、印象に残る言葉がありました。以下、引用です。

リンチ氏は、過去100年で市場 が10%以上下落した例は60回もあると指摘する。同氏は「多くの人は実際の調整よりも、調整を予想したことで損失を被っている」と語る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です