Long-term investment

三菱財閥グループの分析。410兆円の経済圏。

三菱財閥グループとは

岩崎弥太郎が一代で築いた企業グループです。明治6年に創業した三菱商会が、三菱の名前を初めて冠しました。

三菱は明治維新の動乱期に誕生し、岩崎弥太郎の政商としての才覚と、国策の海運事業(郵便汽船三菱会社)によって急拡大しました。

三菱財閥グループについては、以下、三菱グループと書きます。三菱グループのHPも参考に掲載します。

参考 三菱グループホームページ三菱グループ

三菱グループの構成

御三家

三菱商事、三菱UFJ銀行、三菱重工業を御三家とします。御三家とされますが、現在は三菱商事の一強になりつつあります。

世話人会

御三家の下に、三菱UFJ信託銀行、三菱地所、三菱電機、明治安田生命保険、キリンHDなどの世話人会があります。世話人会は御三家に加えて、主要な10社の内の6社で構成されます。(御三家以外は毎年2社ずつ入れ替え)世話人会は、三菱グループとしての意思決定が必要な際に、実際に意思決定を担う機関です。

金曜会

世話人会の下に親睦的な色合いが強い、金曜会があります。月に一回、三菱グループの首脳陣が集まって、三菱グループ共通の課題について話し合われます。

金曜会は、御三家、世話人会のメンバーの他、三菱自動車、三菱ケミカルHD、ニコン、ピーエス三菱、三菱総合研究所などが属しています。

代表的な企業
御三家 三菱商事、三菱UFJ銀行、三菱重工業
世話人会 三菱UFJ信託銀行、三菱地所、三菱電機、明治安田生命保険、東京海上日動火災保険、キリンHD、等
金曜会 三菱自動車、三菱ケミカルHD、ニコン、ピーエス三菱、三菱総合研究所、等
その他 三菱食品、ローソンをはじめとして、多数の企業

三菱グループの経済規模

売上高 最終利益 企業数
三菱グループ 410兆円 32.4兆円 約4万社
三井グループ 297兆円 15.4兆円 約2万1千社
住友グループ 254兆円 15.8兆円 約2万社
トヨタグループ 205兆円 11.3兆円 約1万社
ソフトバンクグループ 94兆円 6.7兆円 約6千社

上記数値のソースは週刊ダイヤモンドです。同紙は財閥グループやメガバンク等について、2〜3年に一度、最新の数値を算出して掲載します。三菱グループ企業に投資している人(私もですが)には、非常に重宝するデータです。

表のように比較すると、三菱グループの規模が桁違いに大きいことが分かります。日本の大企業を代表するのは、最も時価総額が大きいトヨタ自動車でしょうが、三菱グループはトヨタグループの2倍の売上高で、最終利益は3倍近いことが分かります。

三菱グループの今後

財閥という概念は廃れる

現在のように、経済競争がグローバルな規模で激化する時代では、もはや同一グループの企業同士がお互いを庇い合ったり、共通の意思で動くことは難しい。経済合理性の観点からも不可能でしょう。

揃わない足並み

2004年から露見した、三菱自動車のリコール隠し問題の際には、御三家の対応がはっきり分かれました。三菱重工業は不祥事を起こした三菱自動車と距離を置く形で、保有株を売却。一方で三菱商事は支援に乗り出して、三菱自動車の株を買い増しています。

この他、三菱マテリアルの品質データ改ざん問題や、三菱航空機のMRJ納入遅延問題でも、対応が分かれています。

三菱商事自体の財閥化

三菱商事は「投資から事業経営へ」、というビジネスモデルの転換の中で、企業買収と事業収益の強化を進めています。方向性はバークシャー・ハサウェイと似ていますね。

株式を過半数所持すれば、株主総会で取締役を入れ替えることが可能なため、実質的に会社を支配できます(※特別決議は3分の2)。買収企業に役員を送り込み、三菱カラーに染めるのは、バークシャー的です。ソフトバンクの群戦略のような、その企業のカラーを維持する緩やかな連帯とは異なります。

2017年にはローソンを子会社化して話題になりました(投じた資金は1,440億円。株式の50%を所有)。

三菱商事の連結対象子会社は、世界各国に約1,400社です。事業収益を高めるのは、三菱商事のキャッシュフローを強化し、将来の配当原資ともなります。商事の株主にとっては、望ましい方向に進んでいると言えるでしょう。三菱グループという枠組から見ると、内部に新たな財閥グループが生まれるかに見える動きが、どう影響するかは不透明です。

投資対象としての三菱グループ

最大のグループではあるが、今後は三菱グループの企業であるからと、安心して投資するのは早計でしょう。個別の企業の利益やキャッシュフローの推移、事業の展望を分析しなければなりません。もっとも、何らかの不祥事が起きてしまった際には、グループ内企業の支援は依然として期待でき、最低限の保証にはなります。

私は三菱グループの中では、三菱商事、三菱ケミカルHDに投資しています。

三菱商事は業績の推移や事業の展望が素晴らしい。株主還元策については、塁審配当政策を導入しています。

三菱ケミカルHDは、小林会長に代表される三菱カラーに染まらない独自色が特徴ですね。ミューズ細胞等の事業に期待が持てますし、高配当を維持していることも好感が持てます。

この二社に限らず同グループは調べれば良い投資対象となる銘柄が多いです。商事とケミカル以外についても、今後、記事で取り上げたいと思っています。

三菱商事の銘柄分析。塁審配当政策を掲げる高配当銘柄。

三菱ケミカルの銘柄分析。ミューズ細胞に期待の高配当銘柄。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です