Long-term investment

『MAXIS 全世界株式(オール・カントリー)上場投信』vs『VT』

日経新聞の報道

日経新聞によると、三菱UFJ国際投信がMSCI ACWIをベンチマークとするETFを東証に届け出るとのこと。

名称はMAXIS 全世界株式(オール・カントリー)上場投信。全世界株式ETFですね。上場予定日は2020年1月9日です。

参考 投信運用手数料、下げ拡大 個人の長期投資促す 日経新聞

MAXIS 全世界株式(オール・カントリー)上場投信の概要

運用会社 三菱UFJ国際投信
信託報酬 MSCI ACWI
信託報酬 0.0858%
証券コード 2559

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)との比較

運用会社、ベンチマークは同じです。

ETFと投資信託

MAXIS 全世界株式(オール・カントリー)上場投信はETF(上場投資信託)で、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は投資信託です。

ETFは市場から時価で買い付け可能です。投資信託の場合、購入を注文後に決まる基準価額で購入することになります。買付手数料はノーロードの投資信託に分があります。ETFは通常の株式の売買と同様に、買付手数料が発生します。

配当金については、ETFは分配され、投資信託は自動で再投資されます(再投資型の場合)。再投資したい場合、ETFは自分で再投資する必要があります。

信託報酬の違い

信託報酬は以下のとおり、MAXIS 全世界株式 上場投信の方が低いですね。いずれも税込です。

MAXIS 全世界株式(オール・カントリー)上場投信 0.0858%
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 0.1144%

MAXIS 全世界株式(オール・カントリー)上場投信とVTの比較

どちらも全世界に投資するETFとなります。

経費率の差

MAXIS 全世界株式(オール・カントリー)上場投信 0.0858%+α
VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF) 0.09%

経費率はVTに分があります。MAXIS 全世界株式 上場投信の0.0858%は信託報酬であり、VTの0.09%は経費率(の目安)です。ファンドの売買手数料や管理料を加味すれば、MAXIS 全世界株式 上場投信の経費率は、VTの0.09%を超える可能性が高いでしょう。

ベンチマークの違い

MAXIS 全世界株式 上場投信のベンチマークは、MSCI ACWI(オール・カントリー・ワールド・インデックス)です。それに対して、VTのベンチマークはFTSE Global All Cap Index。どちらも全世界投資ですが、大型株中心のMSCI ACWI小型株まで含むFTSE Global All Cap Indexという違いがあります。

MSCI ACWI FTSE Global All Cap Index
国数 49 47
銘柄数 約2,700銘柄 約8,000銘柄
市場カバー率 約85% 約98%

上場市場の違い

MAXIS 全世界株式 上場投信は東京市場なので、お手軽に購入することができます。一方のVTの場合は、ニューヨーク市場のため、ドルを用意する必要があります(円貨決済も可能だがコストが高くなる)。

MSCI ACWI(オール・カントリー・ワールド・インデックス)の構成

MAXIS 全世界株式 上場投信のベンチマークである、MSCI ACWIの構成は次のようになっています。

構成国割合

 

構成銘柄(上位10銘柄)

銘柄 ティッカー 時価総額(十億ドル) 構成割合
アップル AAPL 1,207.75 2.45%
マイクロソフト MSFT 1,098.06 2.23%
アマゾン AMZN 757.16 1.54%
フェイスブック A FB 485.09 0.99%
JP.モルガン JPM 421.30 0.86%
アルファベット C GOOG 407.94 0.83%
アルファベット A GOOGL 390.62 0.79%
ジョンソン・エンド・ジョンソン JNJ 362.86 0.74%
アリババ BABA 338.46 0.69%
ビザ V 318.64 0.65%

FTSE Global All Cap Indexの構成

VTのベンチマークであるFTSE Global All Cap Indexの構成は次のようになっています。

構成国割合

 

構成銘柄(上位10銘柄)

銘柄 ティッカー 時価総額(十億ドル) 構成割合
アップル AAPL 1,207.75 2.18%
マイクロソフト MSFT 1,098.06 2.07%
アマゾン AMZN 757.16 1.35%
フェイスブック A FB 485.09 0.87%
JP.モルガン JPM 421.30 0.76%
アルファベット C GOOG 407.94 0.72%
アルファベット A GOOGL 390.62 0.71%
ジョンソン・エンド・ジョンソン JNJ 362.86 0.66%
ビザ V 318.64 0.58%
プロクター&ギャンブル PG 312.28 0.65%

ほとんど同じですが、1銘柄あたりの構成割合が全体的にFTSE Global All Cap Indexの方が低めです。FTSE Global All Cap Indexは大型銘柄の構成割合がやや低く、小型株が組み込まれています。

MAXIS 全世界株式(オール・カントリー)上場投信とVTはどちらが良い?

ベンチマーク

どちらも良いベンチマークです。ほとんど差が出ないでしょう。出るとしたら小型株効果ぐらいでしょうか。

小型株のリターンは急激に伸びる時期があります。主に70年代に起きた現象です。次にいつ起きるかは不明ですが、将来の小型株効果に期待するなら、VTのFTSE Global All Cap Indexの方が良いでしょう。

お手軽さ

東京市場で取引可能な、MAXIS 全世界株式 上場投信の方がお手軽ですね。

純資産額

純資産額は非常に重要です。アメリカでは純資産額が巨額なETFが散見されますが、東京市場のETFは人気が低く、非上場の投資信託に資金が集まりがちです。MAXIS 全世界株式 上場投信の純資産額が伸びるかは不透明です。

MAXIS 全世界株式 上場投信は、魅力的なETFですが、純資産額が伸び悩む場合は、VTを選ぶべきでしょう。VTの純資産額は巨額です。投資信託で良ければ、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)も良い選択肢になります(純資産額100億以上)。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の記事はこちらです。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の評価・解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です