Long-term investment

【ジュニアNISA】個人的な子どもの特別定額給付金10万円の使い道

子どもの特別定額給付金

特別定額給付金は国民一人ひとりに給付されるので、子どもにも給付されます。既にオンライン申請を済ましていて、子どもの給付金の振込先は、私の口座を指定しています。

子どもの給付金ですが、せっかくの子ども名義の給付金なので、生活費に充てるより、子どものために残るものに使うべきかな?と考えました。そこで、元々利用する予定だった、ジュニアNISAの資金の一部に充てることにしました。

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAの概要

ジュニアNISAの概要 source 金融庁

ジュニアNISAは、子どもの名義で証券口座を開設して利用できる、NISA口座です。

一般NISAと同様に、5年間の非課税期間があり、子どもが18才になるまでは、災害などのやむを得ない場合を除いて、払い出しが出来ません。18才以降は非課税で利確でき、20才以降には一般NISAへロールオーバーができます。

一般NISAとジュニアNISAの比較

一般NISA ジュニアNISA
対象 20才以上 0〜19才
年間投資上限額 120万円 80万円
非課税期間 5年間 5年間
投資対象商品 特に制限なし(株式、投資信託、ETF。海外株も可) 特に制限なし(株式、投資信託、ETF。海外株も可)
運用者 本人 原則として親権者
金融機関変更 可能 不可
口座開設機関※ 2023年まで 2023年まで

※2023年までに口座を開設すれば、非課税期間5年間を利用でき、18才以降の利益確定時に課税が免除されます。

ジュニアNISAは長期投資に向いた金融商品が良い

長期的な日本株のリスク

うちの子の場合は2才なので、18才になるまで15年と数ヶ月の期間があります。必然的に、長期投資になります。仮に日本株に投資をした場合、この期間に想定されるリスクが何かな?と考えてみました。

  • 日本株はこれまで、長期的に米国株をアンダーパフォームしている。
  • 人口減少による国力の衰退によって、円安になる可能性がある。
  • 大規模な金融政策(円の希薄化)によって、円安になる可能性がある。
  • 日銀のETF買いの出口戦略が意識され、日本株が売られる可能性がある。

どれも可能性の話に過ぎませんが、無視はできません。円安は製造業などの輸出産業や、海外売上の比重が高いJTのような会社には、プラスに働きます。

しかし、米国株を持っていれば、円安によって円換算の価値が大きく上昇します。円安によって恩恵を受ける日本企業より、素直に米国株を買った方が良いでしょうね。

米国株か全世界投資か

米国株式(S&P500) 全世界株式
平均年率 9.40% 5.14%
リターン 289.4% 180.9%
シャープレシオ 0.62 0.34
ソルティノレシオ 0.89 0.48

SPY(S&P500)とVT(全世界株式)で比較しました(経費率は同程度)。期間はVTが設定された2008年6月から、2020年5月15日までです。

平均年率、トータルのリターン(配当込み)ともに、この期間は米国株式が大きく上回りました。下落局面のリスクリターンを示すソルティノレシオも、2倍近い差になっていて、株価下落局面ですら分散の度合いが低いはずの米国株式の方が強かったことがわかります。

個人的にはシーゲル教授のポートフォリオを参考に、全世界株式の投信を多く買っています。しかし、ジュニアNISAには投資教育という面もあるので、思い切って米国個別株を買うことにしました。

他人のファンダメンタル分析にタダ乗りするインデックス投資より、ファンダメンタルを見て個別株を購入する方が、本来の投資であると考えるからです。

候補にしている米国個別株

ウォルト・ディズニー(DIS)

ウォルト・ディズニーの株価推移 source yahoo finance

ウォルト・ディズニーの優れている点は、キャッシュ・フローの強さです。フリー・キャッシュ・フローは大幅なプラス域で推移しています。世界的に確立された強固なブランドイメージも強みです。

ここまでなら、他の多くの米国株にも当てはまるのですが、ディズニーで狙い目と思えるのは、コロナショックによって、株価が150ドル前後から100ドル前後まで急落したためです。

株価が急落したのは、テーマパーク閉鎖によって収益が悪化することが懸念されたためですが、動画配信サービスのDisney +が好調なスタートを切っており、今後はテーマパークに並ぶ収益の柱になることが期待できます。

参考 「ディズニー・プラス」、日本でも年内開始へ-加入者5000万人突破ブルーム・バーグ

バークシャー・ハサウェイ(BRK/B)

バークシャー・ハサウェイは航空株投資で約500億ドルの損失を計上するなど、最近は良いニュースがありません。長期的にはS&P500を大きく上回っていますが、最近10年間はアンダーパフォームしていて、このこともバークシャーの評価を落としています。

しかしながら、バークシャーには巨額の内部留保があります。仮にバークシャーが他の米国大型株(例えばアップル)のように、巨額の自社株買いを行なえばS&P500を容易にアウトパフォームすることが可能なはずです。

バークシャーは長期的な複利運用を重視しているので、高値を追うような自社株買いは今のところしていませんが、保有している巨額のキャッシュは、経営の安全性を高め、株式市場が暴落する局面では、貴重な投資資金になります。

米国最大の鉄道網、保険、金融、生活必需品、アップル株などのポートフォリオを持つバークシャーに投資をすることは、アメリカ経済の今後を信じられるか?という問題につながります。アメリカに賭けるなら、S&P500にアンダーパフォームしている今だからこそ、バークシャーは投資妙味があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です