Long-term investment

iDeCoの概要とおすすめな金融機関・商品

最終更新日:10月22日

iDeCoの概要

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、個人で積み立てる私的年金です。制度は確定拠出年金法に基づきます。

自分で運用する商品を選択して、60才時点の掛け金+運用益を、60才以降に一時金か年金(あるいはその組合せ)で受け取ります。

iDeCoのメリット

所得控除

iDeCoは掛け金の全額が所得控除の対象になります。

仮に毎月の積立金額が1万円の場合(年間12万円)、所得税+住民税は2万4千円軽減されます。一方で、手数料(口座管理料)は金融機関によって違いがあるものの、年間2千円〜6千円かかります。税の軽減額が手数料を上回るため、iDeCoのメリットは大きいと言えます。

運用益が非課税

運用期間中であれば、非課税で利益確定し、投資商品を変更することができます(スイッチング)。

MEMO
スイッチングとは、運用商品を売却し、商品を買い換える(乗り換える)ことです。また、運用商品を売らずに、今後積み立てる商品や投資割合を変えることを、配分変更と言います。

受取り時の控除

60才以降に一時金として受け取る場合は、運用期間中とは異なり、非課税とはなりません。しかし、退職所得控除の対象となるので、節税効果が見込めます。

また、年金として受け取る場合は、公的年金等控除の対象となります。

iDeCoのデメリット

原則、解約不可能

iDeCoは途中解約できないため、60才まで資金を拘束されます。原則というわけで、例外的に解約できる場合がありますが、定められた5つの要件を満たさねばなりません。

投資商品が限定されている

つみたてNISAはNISAより投資商品が限定されていますが、iDeCoはさらに選択肢が少ないです。各金融機関が選択した30個程度の運用商品から、選ぶ必要があります。

iDeCoを始めるにあたっては、良い運用商品を選択できる金融機関を選ぶことが、非常に重要になります。

おすすめな金融機関

結論から言うと、SBI証券(セレクトプラン)かマネックス証券になります。理由は、信託報酬が業界で最安水準の、eMAXIS Slimシリーズを選択できるからです。

次点で、楽天VTI、楽天VT等、楽天バンガードの運用商品を選択できる楽天証券です。(楽天証券を選択する場合の、おすすめの運用については別の記事で書きます。)

金融機関名 加入時 積立費用(毎月) 給付手数料(毎月)
三菱UFJ銀行 2,777円 422円 432円
三井住友銀行 2,777円 422円 432円
SBI証券 2,777円 167円 432円
楽天証券 2,777円 167円 432円
マネックス証券 2,777円 167円 432円

毎月の積立費用が低い点でも、SBI証券とマネックス証券は有利になります。

おすすめな運用商品

つみたてNISAであれば、運用益の非課税期間(20年)終了時に含み損を抱えた場合に、運用商品をNISA口座から特定口座(課税口座)に移管し、運用を継続できます。終わりがないため、利益の最大化を図る運用商品の選択がおすすめです。

しかし、iDeCoの場合は、60才の誕生月で積立が終了します。60才以降も、運用指図者として70才までiDeCo口座を持つことが出来ますが、新たな積み立ては出来ません。終わりがあるため、リスクを抑えた運用商品の選択がおすすめです。iDeCoは節税効果だけでも、十分なリターンが期待できます。

eMAXIS Slim バランス

個人的に最もおすすめな運用商品は、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)です。8資産均等型は常に中リスク中リターンを取り続けます(詳細は以下の関連記事を参照)。

純資産額 308.90 億円
信託報酬 0.14%(税抜き)
実質コスト 0.237%

実質コストが0.237%と、バランス型ファンドとしては驚くほど低く、純資産額も順調に伸びています。純資産額は8月13日時点で308億もあり、繰り上げ償還のリスクは考える必要がありません。

その他のおすすめなファンド

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)が最もおすすめですが、自分で投資内容を把握したいという場合は、以下の割合で積み立てて、毎年一度リバランスする、という方法も良いでしょう。

投資割合 信託報酬 純資産額
eMAXIS Slim全海外株式 50% 0.104%(税抜き) 79.20億円
eMAXIS Slim国内債券インデックス 35% 0.12%(税抜き) 68.41億円
eMAXIS Slim先進国債券インデックス 15% 0.14%(税抜き) 60.77億円

国内債券35%、先進国債券15%という投資割合はGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)と同じです。

純資産額はやや心もとないですが、一応右肩上がりで増加しています。全海外株式は日本を含むオール・カントリーの数値を書いていますが、日本株の見通しに悲観的な場合には、「除く日本」を選択することも、悪くないと思います。

各資産クラスのリターン(2010年〜18年)

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の分析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です