Long-term investment

ひふみ投信とセゾン投信(セゾン資産形成の達人ファンド)の比較

日本を代表するアクティブ・ファンドである、ひふみ投信とセゾン投信を比較してみます。

セゾン投信には「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」の2本がありますが、よりアクティブな運用をする「セゾン資産形成の達人ファンド」を比較対象にします。(以下、セゾン投信と表記しています。)

ひふみ投信とセゾン投信の運用方式

ひふみ投信はファミリーファンド方式

ひふみ投信(ベビーファンド)の資金をマザーファンドに投資して、マザーファンドが実際に株式に投資します。

セゾン投信はファンド・オブ・ファンズ方式

ファンド・オブ・ファンズ 方式とは、株式などの資産に直接投資するのではなく、株式や債券に投資している複数の投資信託に投資して、運用を行う仕組みです。

ファミリーファンド方式とファンド・オブ・ファンズ方式の違い

ファミリーファンド方式は複数のファンドが、一つのマザーファンドに投資します。逆にファンド・オブ・ファンズ方式は、一つのファンドが複数の投資信託に投資をします。

ファンド・オブ・ファンズ方式の方が、バンガードなどの既存の有名ファンドを買えば良いため、運用がお手軽と言えます。ファンド・オブ・ファンズ方式は、投資家が投資する投資信託と、その先にある実際の投資対象ファンドの両方で、信託報酬が差し引かれます。

ひふみ投信とセゾン投信の諸経費

信託報酬等の比較(税込)

ひふみ投信 セゾン投信
信託報酬 1.078% 1.55%
信託財産留保額 なし 0.1%
純資産額 5684.75億円 918.13億円

信託報酬などの経費面では、ひふみ投信の方が低いので良いですね。

ひふみ投信の割引制度

ひふみ投信は、レオス・キャピタルワークスから直接購入する場合に「ひふみ投信証券会社等の販売会社から購入する場合に「ひふみプラスiDeCoで購入する場合に「ひふみ年金となります。それぞれ次のような割引制度があります。

ひふみ投信 ひふみプラス ひふみ年金
年率1.078% 純資産総額500億円まで⇒1.078% 0.858%
保有期間5年~10年⇒0.2%実質割引 純資産総額500億円超部分⇒0.968%
保有期間10年~⇒0.4%実質割引 純資産総額1,000億円超部分⇒0.858%

iDeCo用のひふみ年金は割引制度がなく、一律0.858%(税込)です。

ひふみ投信とセゾン投信のリターン

期間別リターン(年率)

ひふみ投信 セゾン投信 TOPIX
1年 28.27% 27.63% 18.1%
3年 11.65% 11.30% 6.7%
5年 12.88% 8.70% 6.4%

参考に載せたTOPIXは配当込みリターンです。ひふみ投信もセゾン資産形成の達人ファンドも、TOPIXを大幅にアウトパフォームしています。ひふみ投信のリターンが最も高いです。

シャープレシオ(年率)

ひふみ投信 セゾン投信
1年 1.72 1.64
3年 0.79 0.81

リターンが同じであれば、リスクが小さいほど、シャープレシオは大きくなります。リスクが同じであれば、リターンが大きいほど、シャープレシオは大きくなります。数値が大きいほど、運用効率が良いのですが、あまり差がありませんね。

設定来累計リターン

ひふみ投信 セゾン投信
設定来累計 400.8% 134.66%
期間・始期 2008年9月30日 2006年6月12日
期間・終期 2019年12月30日 2019年12月30日

ひふみ投信の投資対象

国内外の割安と思われる株式に投資します。株式と現金のみで構成され、株式の組入比率は50%〜100%の幅で変動します。

ひふみ投信の資産別投資割合

国内株式 85.6%
海外株式 12.5%
現金等 1.9%

ひふみ投信の構成銘柄上位

順位 銘柄名 種別 割合
1 協和エクシオ 国内大型 2.3%
2 東京センチュリー 国内大型 2.2%
3 ネットワンシステムズ 国内中小型 2.0%
4 光通信 国内大型 1.9%
5 INTUIT INC 海外大型 1.7%
6 アマノ 国内中小型 1.7%
7 東京エレクトロン 国内大型 1.7%
8 ショーボンドホールディングス 国内中小型 1.6%
9 シスメックス 国内大型 1.6%
10 VISA 海外大型 1.5%

ソニーやSBGなどの人気が高い銘柄は見当たりません。3位と6位に中小型株が入っているのが、ひふみ投信らしさですね。海外株も上位に入っています。

セゾン資産形成の達人ファンドの投資対象

長期投資を前提として、安全性や長期的な収益力を基準に選定した、海外と日本のファンドに分散投資をします。ひふみ投信とは異なり、株式市場の過熱時には、債券を組み入れることがあります。

セゾン資産形成の達人ファンドの地域別投資割合

順位 地域 投資割合
1 北米 44.5%
2 欧州 26.9%
3 日本 11.9%
4 太平洋地域 2.3%
5 新興国 14.4%

日本株より海外株(特にアメリカ株)の比率が高くなっています。地域別の割合は、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスと近いです。

セゾン資産形成の達人ファンドの構成銘柄上位

順位 ファンド名 通貨 投資割合
1 コムジェスト・ヨーロッパ・ファンド80 円建て 27.41%
2 バンガード米国オポチュニティファンド ドル建て 21.62%
3 コムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンド90 円建て 13.24%
4 アライアンス・バーンスタイン SICAV-コンセントレイテッドUSエクイティ・ポートフォリオ ドル建て 10.02%
5 BBH・ルクセンブルグ・ファンズ-BBH・コア・セレクト ドル建て 9.84%
6 スパークス・長期厳選・日本株ファンド 円建て 5.44%
7 スパークス・ワンアジア厳選投資ファンドS 円建て 4.37%
8 コムジェスト日本株式ファンド 円建て 3.38%
9 スパークス・集中投資・日本株ファンドS 円建て 2.99%

ほとんどが機関投資家向けの商品であるため、全く馴染みがないファンドばかりです。ただセゾンが長期的に安定していると考えているファンドなので、心配は要らないでしょう。

ひふみ投信とセゾン資産形成の達人ファンドはどちらが良いか?

諸経費や過去のリターンを見ると、ひふみ投信の方が優れています。とはいえ、セゾン資産形成の達人ファンドも十分に良いファンドです。市場平均(TOPIX)を長期的にアウトパフォームしていますからね。海外株比率の高さも魅力です。

ひふみ投信で心配なのは、純資産額が巨額になり過ぎて、強みであった中小型株投資に支障が出ないか?という点です。純資産額が巨額になると、どうしても大型株の組入比率を上げなくてはならない。ファンド・オブ・ファンズ 方式のセゾン投信には、こういう心配は要らないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です