Long-term investment

HDVの銘柄分析。エネルギーセクター比率が高い高配当株式ETF。

HDVとは?

HDV(iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF)は、配当水準が高位のアメリカ株式で構成される、スマート・ベータ型のETFです。高配当の持続性が高い銘柄を集めることを目的としたETFです。

HDVのファンド詳細

HDVの概要

2020年4月5日時点の数値です。

運用会社 ブラック・ロック
純資産総額 55.41億ドル
設定日 2011年3月29日
連動する指数 モーニングスター配当フォーカス指数
保有銘柄数 74
信託報酬 0.08%
配当利回り 5.16%

HDVの保有銘柄数

保有銘柄数は74銘柄です。VYM、SPYDといった他の高配当ETFより少ないですが、50銘柄以上あれば分散投資の効果に差は出ないとされます。75銘柄は十分な銘柄数です。

MEMO
「ウォール街のランダム・ウォーカー」によると、分散投資でリスクは下がりますが、同じ国の銘柄だけを買う場合、50銘柄以上になると、リスク低減効果が無くなります。それ以上にリスクを下げるには、他の国の銘柄を組み入れたり、債権等の違うクラスの資産を、ポートフォリオに組み入れる必要があります。

HDVの信託報酬

0.08%という信託報酬は十分に低いですが、VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)は0.06%、SPYD(SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式)は0.07%です。

VYMが信託報酬引き下げを発表したのは、2019年2月です。VYMに対抗して、HDVが信託報酬を引き下げるかは不明です。現時点では他の高配当株式ETFに比較して、HDVの信託報酬はわずかですが、割高になっています。

HDVの構成銘柄

HDVを構成する上位10銘柄です。(2020年4月2日現在)

銘柄 ティッカー セクター 構成比率
エクソン・モービル XOM エネルギー 10.29%
AT&T T コミュニケーション 8.93%
ベライゾン VZ コミュニケーション 7.45%
ジョンソン・エンド・ジョンソン JNJ ヘルスケア 7.34%
シェブロン CVX エネルギー 6.50%
ファイザー PFE ヘルスケア 6.24%
シスコ・システムズ CSCO 情報技術 4.63%
メルク・アンド・カンパニー MRK ヘルスケア 4.38%
コカ・コーラ KO 生活必需品 3.77%
ペプシコ PEP 生活必需品 3.69%

エネルギー・コミュニケーションの比率が高くなっています。エクソン・モービルが一銘柄で10%以上となっているのは、バランスを欠いていますね。

セクター別投資比率

 

 

 

エネルギーセクターの投資比率が高いです。エネルギー、生活必需品、ヘルスケアという、シーゲル派やバリュー株投資家が好むセクターが、高いのは良いのですが、エネルギーセクターは原油価格の影響を強く受けます。

これまでは、エネルギーセクターもヘルスケアや生活必需品と同様に、ディフェンシブなセクターとされてきました。しかし、最近のエネルギーセクターの乱高下を見ると、もはやディフェンシブなセクターとは言えません。

HDV対S&P500

HDVとVOO(S&P500)のパフォーマンス比較(配当込み)

赤がHDV、青がVOO(S&P500)です。配当込みのパフォーマンス比較です。HDVは設定以来、アメリカの市場平均であるS&P500をアンダーパフォームしています。トランプ政権(2017年1月)以前は良い勝負となっています。

トランプ減税以降は、自社株買いの急増やテック銘柄の急伸がありました。S&P500もテック銘柄上昇の恩恵を受けました。HDVの構成銘柄も自社株買いは増えましたが、テック銘柄の構成比率が小さいため、トランプ減税の影響は相対的に小さかったと言えます。

HDV対VYM

HDVとVYNのパフォーマンス比較(配当込み)

赤がHDV、青がVYMです。HDVはブラックロックの高配当株式ETFで、VYMはバンガードの高配当株式ETFです。よく比較される両者ですが、パフォーマンスは、トランプ政権誕生後からVYMが上回っています。

HDVはエネルギーセクターの割合が最大ですが、VYMのエネルギーセクターの割合は下位(11セクター中7位)です。エネルギーセクターの低迷も、HDVがVYMに劣った理由の一つです。

HDVの売買回転率

HDVは銘柄の入れ替えが多いことでも知られます。HDVの売買回転率は57.0%となっています(2020年4月5日時点。ソースはフィデリティ社HP)。年間で57%の銘柄が入れ替わるペースで、売買が行われていることを意味します。

ずっと残り続けている銘柄(エクソン・モービル)もあれば、フィリップ・モリスのように一度外された後、また復活した銘柄もあります。この高い売買回転率の原因は、モーニングスター配当フォーカス指数にあります。

モーニングスター配当フォーカス指数

モーニングスター配当フォーカス指数は、以下の条件を満たす米国株式で構成されます。

  • 財務の健全性が高い
  • 配当支払いの持続が高いと認められる
  • 上記の条件を満たす企業のうち、配当利回り上位75社

配当利回りだけでなく、財務が厳しくチェックされます。株式のみの指数で、REITや債券は含まれません。この指数に構成される銘柄数が、HDVの保有銘柄数の75(4/5時点では74)です。HDVは指数から外れた銘柄を、その都度売却し、指数に加えられた銘柄を購入しています。

モーニングスター配当フォーカス指数の銘柄選定は、年4回です。HDVも年に四度のリバランスを行うため、売買回転率が高くなっています。

個人的な評価

シーゲル派が好むディフェンシブなセクターが多いのが魅力とされていたHDVですが、政治的な要因で乱高下するエネルギーセクターは、もはやディフェンシブなセクターとは言えません。高い売買回転率も難点です。売買回数が高い投資家ほど、利回りが低い傾向にあるのは、シーゲル教授の著書でも指摘されています。(詳しくは緑本349ページを参照してください)

高配当株式ETFを購入するのであれば、「高配当であること」のみが条件となっている、VYMを選択するのが無難だと思います。高配当株式ETFの比較については、次の記事をご参照ください。

VYM、HDV、SPYDの比較。米国・高配当ETFはVYMが最も良い理由。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です