Long-term investment

【GIS】ゼネラル・ミルズの銘柄分析。ハーゲンダッツで有名な食品大手

ゼネラル・ミルズ(GIS)とは

ゼネラル・ミルズはアメリカの大手食品メーカーです。

加工食品(Food Processing)メーカーの一つに数えられ、この分野で世界10位の売上高です(2018年)。ハーゲンダッツやチェリオスが代表的な商品となります。

本拠地 米・ミネソタ州
創業 1856年
セクター 生活必需品
ティッカー GIS

ゼネラル・ミルズの業績の推移

売上高の推移

売上高は横ばい圏で推移しています。(業績の数値のソースは全てアニュアル・レポートです。)

2018年に約80億ドルで買収したブルー・バッファロー社のペットフードが、2019年の売上の伸びに貢献しています。2018年までの売上の減少を見ると、会社として何か変化が必要だと考えたのは、理解できますね。

ブルー・バッファロー社は生鮮食品を原料したペットフードで成長してきました。2019年には14億3,000万ドルの売上で貢献しています。

営業利益の推移

2018年の営業利益の内訳を見ると、PET(ペットフード)セグメントは2億6,800万ドルの増要因ですが、それ以外のセグメントは横ばい圏。そのため営業利益の伸びは今ひとつですね。

米国ペット産業の伸び

APPA(American Pet Products Association)によると、アメリカでペットを飼う家庭は今後も伸び続けます。ペット産業も上のグラフのとおり、右肩上がりの推移となっています。

ペットフード大手を買収した狙いはこのへんにあるでしょう。

のれんの減損リスク

ゼネラル・ミルズのバランスシート

ゼネラル・ミルズのバランスシートを見ると、のれん(黄色い箇所。Goodwill)が総資産(Total assets)の46.5%にのぼるのが分かります。その他無形資産(Other intangible assets)を加えると70.3%です。

ゼネラル・ミルズはブルー・バッファロー社の株価が半年で58%も上昇した時点で、17%のプレミアムを乗せた株価で買収しています。今後、公正価値と帳簿価額に差が生じる場合、巨額の減損リスクがあります。公正価値は割引キャッシュフローモデルで算定されます。

ゼネラル・ミルズのキャッシュ・フロー

フリー・キャッシュフローは安定しています。同社はフリー・キャッシュフローの90%を株主に還元するとしています。

ゼネラル・ミルズの財務

単位:百万ドル 流動資産 流動負債 流動比率
2015年 3,937.2 5,014.7 78.5%
2016年 4,061.4 5,330.8 76.2%
2017年 4,123.7 7,341.9 56.2%
2018年 4,186.5 7,087.1 59.1%

流動比率は短期的な財務の安定度を見る指標です。ゼネラル・ミルズの流動比率は100%を下回っており、安定的とは言えません。できれば150%以上の企業が推奨されます。

ゼネラル・ミルズのまとめ

安定性

ハーゲンダッツなどの主力商品は世界で愛好されています。日本でも強い人気がありますね。

ハーゲンダッツはレディーボーデンの売上を上回り、高級アイスクリーム市場で覇権的な地位にあります。生活必需品であるため、景気の変動の影響も受けにくく、業種的には長期投資に向いています。

懸念事項

一方で定番商品の売上は頭打ちで、伸び悩んでいます。そのため、ブルー・バッファロー社を買収したわけですが、巨額ののれんと減損リスクが意識されます。また流動比率の低さから、短期的な資金繰りも懸念されます。

ゼネラル・ミルズは買いか?

個人的には買いとは思いません。強い定番商品を持っていて、長期的には良いので、しばらく様子を見たいですね。近い将来に減損が行われ株価が急落したら、その時に買うのも一つのテかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です