Long-term investment

【VGT、VHT、VDC】GICSの産業分類と各セクターのリターン

GICS の産業分類(セクター分類)

GICSとは

GICSは、グローバル産業分類標準 (Global Industry Classification Standard)の略称です。外国株式の業種分類では、最もよく使用されます。GICSは世界の産業を、11 のセクター、24 の産業グループ、69 の産業、158 の産業サブグループに分類しています。

GICSが分類する11セクター

セクター 日本語名 個別銘柄の例
INFORMATION TECHNOLOGY 情報技術 アップル、マイクロソフト、インテル
HEALTH CARE ヘルスケア ファイザー、メルク、ジョンソン・エンド・ジョンソン
CONSUMER DISCRETIONARY 一般消費財 アマゾン、テスラ、ナイキ
UTILITIES 公益事業 ネクステラ・エナジー、デューク・エナジー
CONSUMER STAPLES 生活必需品 P&G、コカ・コーラ、コストコ
INDUSTRIALS 資本財・サービス ボーイング、キャタピラー、GE
FINANCIALS 金融 JPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックス、バークシャー・ハサウェイ
REAL ESTATE 不動産 アメリカン・タワー、プロロジス
COMMUNICATION SERVICES コミュニケーション ディズニー、ネットフリックス、フェイスブック
MATERIALS 素材 ダウ・インク、アルコア
ENERGY エネルギー エクソン・モービル、シェブロン

各セクターの10年間のリターン

11セクターのリターン

バンガード社は、GICSの11セクターに対応したETFを設定しています。セクターETFに投資をすれば、そのセクターに分散投資できます。

ここで、各セクターETFのリターンを比較してみます。2011年5月5日〜2020年5月4日の10年間、配当込みの数値です。参考にS&P500・ETFのVOOも掲載します。経費率はセクターETFが0.10%、VOOは段階的に引き下げられ、現在は0.03%です。

ETF セクター 平均年率 リターン(10年)
VGT 情報技術 16.88% 407.16%
VHT ヘルスケア 14.43% 336.32%
VCR 一般消費財 13.15% 303.99%
VPU 公益事業 10.12% 238.06%
VDC 生活必需品 9.84% 232.81%
VIS 資本財・サービス 7.82% 196.97%
VFH 金融 7.82% 196.89%
VNQ 不動産 6.55% 176.94%
VOX コミュニケーション 5.58% 163.03%
VAW 素材 4.46% 148.08%
VDE エネルギー △6.60% △45.92%
VOO S&P500(市場平均) 11.06% 256.97%

情報技術セクターとヘルスケアセクター

上の表から、この10年間は、情報技術セクター、ヘルスケアセクター、一般消費財セクターに投資をしていれば、市場平均(S&P500)を上回るリターンを得られたことが分かります。

ヘルスケアはS&P500指数が設定された1957年以来、長期的に市場平均を上回っています。情報技術セクターは、20世紀は平凡でしたが、アップルやマイクロソフトに牽引され、ここ10年は最高のリターンになっています。

素材セクターとエネルギーセクター

素材セクターは、化学や鉄鋼が主体です。S&P500の設定以来、最悪のセクターとして知られていますが、この10年間も市場平均を大幅に下回りました。20世紀の序盤は花形でした。

エネルギーセクターは20世紀を通じて高いリターンでしたが、この10年間で大きく崩れ、マイナスの利回りになりました。今後、回復するかは原油価格次第ですね。

スマート・ベータ戦略

スマート・ベータ戦略

特定の要素に絞って、分散投資をすることをスマート・ベータ戦略と言います。特定のセクターに絞って分散投資をすることも、スマート・ベータ戦略の一つです。

インデックス投資のように、時価総額型の指数に投資をして、市場全体の値動きに合わせるよりはアクティブな運用ですが、個別銘柄を選んで投資するよりはパッシブな運用です。

個人的なおすすめ

将来のリターンを読むことは難しく、成長性が高いと誰もが分かっていれば、株価に織り込まれているはずです。その前提はありますが、ヘルスケア(VHT)、生活必需品(VDC)は常に需要があるはずで、今後も崩れにくいのでは、と思っています。

ポートフォリオの中心はインデックス投資であるべきですが、平均的なリターンを補完するためには、スマート・ベータ戦略は最適です。私の場合はセクターではなく、配当に着目して、高配当ETFのVYMを買い続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です