Long-term investment

【JT】2020年1Q決算概要と医薬事業の現状(コレクチム軟膏)

JTの2020年第1四半期決算の概要

売上高

単位:億円 19年1Q 20年1Q 増減率
国内たばこ事業 1,447 1,351 △6.6%
海外たばこ事業 3,004 3,262 8.6%
医薬事業 228 207 △9.0%
加工食品事業 360 367 2.1%
その他 16 9 △46.1%
5,054 5,196 2.8%

営業利益

単位:億円 19年1Q 20年1Q 増減率
国内たばこ事業 470 392 △16.6%
海外たばこ事業 755 897 18.8%
医薬事業 650 66 △89.9%
加工食品事業 1 4 239.0%
その他 △50 △69 △38.0%
1,826 1,290 △29.4%

概要

売上高・営業利益ともに、国内たばこ事業の減少傾向と、海外たばこ事業の増加傾向が続いています。国内たばこ事業ではRRP製品のシェア拡大が課題ですが、仮に軌道にのっても、この傾向は続くでしょう。「健康増進法の一部を改正する法律」が2020年4月1日に施行されたことも、国内たばこ事業には痛手になります。

国内たばこ事業と海外たばこ事業が利益を相殺している中で、医薬事業の営業利益の大幅な減少が目につきます。医薬事業の営業利益の減少理由や今後の見通しについて、以下、まとめてみました。

医薬事業・営業利益の減要因

ロイヤリティ収入の減少要因

医薬事業の営業利益が89.9%減となっています。減少主因として「海外ロイヤリティ収入の減少」とだけ、今回の決算レポートに記載されています。

このロイヤリティが何を指すかと言うと、ギリアド・サイエンシズ社が販売する抗HIV薬の「ゲンボイヤ」及び「スタリビルド」に含まれるJTの化合物、「エルビテグラビル」のロイヤリティ収入です。エルビテグラビルはJTが創成した化合物です。ギリアド社が製造するゲンボイヤなどの抗HIV薬に含まれています。

国内における抗HIV薬の販売ライセンス契約解消

JT・子会社の鳥居薬品は、米ギリアド・サイエンシズ社からのライセンスに基づいて、抗HIV薬6製品の国内販売ライセンスの独占権を持っていました。JTとギリアド社は2018年11月29日に、このライセンス契約を解消することで合意しています。

その結果、ギリアド社からは、日本国内の販売ライセンス契約解消に伴う対価として、605億がJTに支払われました。その後は、ギリアド社の日本法人が、これら医薬品の販売ライセンスを持っています。

2019年1Qの営業利益には、この605億が含まれていたため、2019年1Qと2020年1Qの営業利益を比較した時に、2020年1Qの営業利益は大幅な減少になりました。

アトピー性皮膚炎治療薬デルゴシチニブ(コレクチム軟膏0.5%)

JTの子会社である鳥居薬品(出資率53.46%)は、2020年1月23日に承認されたデルゴシチニブを、6月24日から販売開始します。商品名はコレクチム軟膏0.5%です。コレクチム軟膏0.5%は、免疫の過剰な活性化を抑制してアトピー性皮膚炎を改善する、世界初の非ステロイド系JAK阻害薬です。

2020年度中のコレクチム軟膏0.5%の売上高については、鳥居薬品の売上高として10.7億が見込まれています。今後、長期的に利益への寄与が期待できる医薬品が、承認され販売されることは、JTにとっては朗報ですね。

参考 アトピー性皮膚炎治療薬「コレクチム®軟膏 0.5%」薬価収載及び新発売のお知らせJT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です