Long-term investment

【BRK.B】2019年のバフェットの「株主への手紙」の概要

バフェットの「株主への手紙」とは

バークシャー・ハサウェイが、先週末の土曜日(2月22日)に、2019年版のアニュアル・レポート(年次報告書)を発表しました。バークシャーのアニュアル・レポートの特徴になっているのが、バフェットの「株主への手紙」です。

ウォーレン・バフェットとチャーリー・マンガーが株主に向けて書いたもので、約10ページの内容になっています。この記事では印象に残った部分を紹介します。

営業利益と純利益

純利益が急増

純利益が昨年から約40倍になっています。これは何故かと言うと、米国会計基準(US GAAP)の変更によって、株式投資の含み損益を純損益段階で認識することになったのです。市況の変動によって、純利益は激しく上下するようになりました。

バフェットは次のように、増加した純利益よりも事業収益(営業利益)を見るべきと言います。ブル相場なら上昇し、ベア相場なら減少する純利益よりも、営業利益の方がバークシャー・ハサウェイの本質的な実力を現すということでしょう。

営業利益を見るべき

Charlie and I urge you to focus on operating earnings – which were little changed in 2019 – and to ignore both quarterly and annual gains or losses from investments, whether these are realized or unrealized.

(訳)チャーリーと私は2019年にほとんど変化がなかった、営業利益に着目することを推奨します。そして、実現利益・未実現利益を問わず、投資による四半期及び年次の損益を無視することを推奨します。

バークシャー・ハサウェイとフロート

保険事業

One reason we were attracted to the P/C business was the industry’s business model: P/C insurers receive premiums upfront and pay claims later.This collect-now, pay-later model leaves P/C companies holding large sums – money we call “float” – that will eventually go to others. Meanwhile, insurers get to invest this float for their own benefit.

(訳)私たちが 損害保険事業に惹かれた理由は、そのビジネスモデルにあります。損害保険会社は保険料を先に受け取り、保険金を後で支払うのです。このビジネスモデルによって、損害保険会社は多額の資金(フロート)を手にしました。いずれ、他者に保険料として支払われる資金ですが、損害保険会社はその間、自分の利益のために、この資金を投資する機会を得たのです。

フロートとは

バークシャー・ハサウェイを象徴する手法が、傘下保険会社(ガイコなど)のフロートの活用です。フロートとは、損害保険会社に支払われた保険料のうち、支払い準備資金以外の資金です。この浮いた資金をバフェットは投資事業に活用してきました。バークシャーのフロートは次のように、拡大してきました。

フロート(百万ドル)
1970 39
1980 237
1990 1,632
2000 27,871
2010 65,832
2019 129,423

ウォーレン・バフェットとチャーリー・マンガーの後

バフェットとマンガーの高齢化問題

現在、ウォーレン・バフェットの年齢は89才、チャーリー・マンガーの年齢は96才です。この二人の稀代の投資家に支えられてきたバークシャーにとって、最も悩ましいのが高齢化問題です。

このことについて、バフェットは今回の「株主への手紙」に次のように書きました。

バフェットの言葉

Charlie and I long ago entered the urgent zone. That’s not exactly great news for us. But Berkshire shareholders need not worry: Your company is 100% prepared for our departure.

(訳)チャーリーと私は しばらく前に緊急地帯に入りました。それは我々にとって良いニュースではありません。しかしバークシャーの株主は心配する必要はありません。あなたの会社は、我々の出発に対して100%の準備が出来ています。

バークシャー・ハサウェイの保有株式

バフェットは保有株式の評価額の上下に一喜一憂せず、事業収益を見ることを推奨しています。振れ幅の大きい株式の損益よりも、100%子会社にしている、電力会社や鉄道会社の収益が重要だと言います。

しかし、保有株式の評価額についても、アニュアル・レポートの中で、次のように分かりやすく公表しています。単位は百万ドルです。

バークシャーの保有株式一覧

銘柄 保有割合※ 投資額 市場価値
アメリカン・エクスプレス 18.7 1,287 18,874
アップル 5.7 35,287 73,667
バンク・オブ・アメリカ 10.7 12,560 33,380
バンク・オブ・ニューヨーク・メロン 9.0 3,696 4,101
チャーター・コミュニケーションズ 2.6 944 2,632
コカコーラ 9.3 1,299 22,140
デルタ航空 11.0 3,125 4,147
ゴールドマン・サックス 3.5 890 2,859
JPモルガン・チェース 1.9 6,556 8,372
ムーディーズ 13.1 248 5,857
サウスウエスト航空 9.0 1,940 2,520
ユナイテッド航空 8.7 1,195 1,933
U.S.バンコープ 9.7 5,709 8,864
ビザ 0.6 349 1,924
ウェルズ・ファーゴ 8.4 7,040 18,598
その他 28,215 38,159
110,340 248,027

※ 保有割合はその会社の発行済株式数に対して、バークシャーが保有している割合です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です