Long-term investment

【BTI】ブリティッシュ・アメリカン・タバコの銘柄分析。高配当ADR

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)とは

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(以下、本文中では略称のBATとします。)は、ロンドンに本拠地を置く、売上高世界第2位のタバコメーカーです。

ロンドン証券取引所だけでなく、ニューヨーク証券取引所(ADR)にも上場しているため、日本からもADR銘柄として売買が可能です。

本拠地 ロンドン
創業 1902年
セクター 一般消費財
ティッカー BTI
略称 BAT

ブリティッシュ・アメリカン・タバコの業績

売上高の推移

経常利益の推移

黒字で推移しています。2017年は、同年に買収した米レイノルズ・アメリカン社(RAI)の電子タバコ事業が寄与し、大幅増益となりました。2017年の純利益はアップル社に次ぐ、世界第2位でした。

2018年には、レイノルズ・アメリカン社買収に関連した一時的な利益に対する課税や、米国の税改正の影響を受け、会計上は減益となっています。(希薄化後EPSは86%減少)。しかし、税制の影響を除外すると、売上高は25%増、営業利益は45%増となっており、むしろ好調なのがわかります。

2019年には更に売上高が6%増。紙巻きタバコの売上高が減少する一方で、ベイパー製品の売上高は2018年に26%増、2019年に19%増となっています。(数値のソースはアニュアル・レポートです。)

ブリティッシュ・アメリカン・タバコの財務

流動比率

単位:百万GBP 流動資産 流動負債 流動比率
2016年 12,359 11,856 104.2%
2017年 13,966 15,605 89.5%
2018年 12,655 16,329 77.5%
2019年 13,274 18,823 70.5%

有利子負債の推移

大型買収によって、有利子負債が倍以上に膨らみましたが、利益剰余金(内部留保)も大幅に増えています。流動比率は心配になる水準ですが、当面の財務にそれほど不安はありません。

利益剰余金の推移

ブリティッシュ・アメリカン・タバコのキャッシュ・フロー

営業キャッシュフローの推移

レイノルズ・アメリカン社買収効果はここに現れています。アメリカでの売上増や、電子タバコ事業の強化によって、営業キャッシュフローは倍増しました。

フリーキャッシュフローの推移

RAIを買収した2017年は、投資CFの大幅増によって、フリーCFもマイナスになりました。しかし、2018年・2019年に営業CFが大幅に上昇し、フリーキャッシュフローも増加したことを見ると、悪くない買収だったと言えそうです。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコの製品ポートフォリオ

紙巻きタバコ

  • ケント(現行18種。主力銘柄)
  • ラッキーストライク
  • ポールモール
  • キャメル
  • ニューポート(米国のメンソール・ブランド)
  • ダンヒル
  • ナチュラル・アメリカン・スピリット(米国限定。米国外の権利はJT)

PRRP(Potentially Reduced-Risk Products)

BATのPRRPは、JTのRRP(リスク低減製品)に当たります。Potentiallyが加えられているのは、リスク低減商品とは現時点で言い切れない、ということでしょう。健康リスク低減の可能性を秘めた商品、ということになりますね。

加熱式たばこ製品は、フィリップ・モリスのiQOSに次ぐ人気を持つglo(グロー)が主力です。今後主流になるであろうベイパー商品としては、イギリスで人気のVype(ヴァイプ)などがあります。現在、BATはPRRPの強化に取り組んでいますが、紙たばこの販売を即時中止する予定はありません。

BATのPRRP製品ポートフォリオ

ブリティッシュ・アメリカン・タバコの評価

長期下落トレンド

ピーク時(2017年頃)には70ドル以上あった株価が、現在は30ドル台で推移。約半分になっています。このため配当利回りも上昇し、7%前後で推移。

BATの株価下落の最大の要因は、食品医薬品局(FDA)が、全米でメンソールたばこの販売禁止の方針を表明したことです。メンソールはアメリカのたばこ市場で3分の1程度のシェアがあり、若者に人気とのこと。この規制によってニューポートという、有力なメンソールたばこブランドを持つBATに悲観的な見方が広がりました。

もっとも、ベースにあるのはたばこ事業自体への懸念でしょう。先進国で衰退していくのは目に見えています。BATはPRRP事業の強化によって、時代の逆風に対応しようとしています。

今後の見通し

先進国でたばこ事業が衰退する一方で、新興国では可処分所得の増加によって、今後、喫煙者人口の増加が見込まれています。特にアフリカは注目されていて、日本のJTもエチオピアに進出するなど、シェアの獲得競争が起きています。アフリカの多くの国にとって、旧宗主国のイギリスは親しみがあるようで、BATには優位性があるかもしれません。

コロナショックでは、一時的に激しく下落しましたが、回復は早かったです。たばこ銘柄の安定性が感じられる相場でした。不安定な時期には適した銘柄の一つと言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です