Long-term investment

【BHP】BHPグループの銘柄分析。世界最大のグローバル資源会社。

BHPグループとは

BHPグループは世界で時価総額が最大の資源会社です。2001年にBHP社とビリトン社の二元上場会社としてBHPビリトン社となり、2018年にBHPグループに改称しました。

天然資源の発見、取得、開発、マーケティングを事業とし、扱う資源は石油、ニッケル、鉄鉱石、原料炭、銅など多岐に渡ります。

本拠地 豪・メルボルン
創業 1851年
セクター 素材
ティッカー BHP(BBL)

BHPグループの業績の推移

売上高の推移

2016年に売上が大きく落ち込んでいます。要因は二つあり、原油価格の暴落と中国経済の落ち込みです。どちらもその後回復基調のため、売上高も回復してきました。(数値のソースは全てアニュアル・レポートです。)

営業利益の推移

2016年の営業赤字のうち94.6%は石油・ガスの赤字が原因です(△59億4百万ドル)。2015年に原油価格が1バレル約100ドルだったのが、一気に30ドル台まで暴落したことが影響しています。

また、2015年に発生したチャイナショックの余波が続いていました。2016年時点で中国への売上高は、総売上高の42.6%に達していて、中国経済が落ち込むと業績が悪化する構造になっています。中国経済に依存するのはオーストラリア企業の特徴ですね。アニュアル・レポートでも、中国経済の悪化がリスク要因であると説明されています。

BHPグループの財務

流動比率

単位:百万ドル 流動資産 流動負債 流動比率
2016年 17,714 12,340 143.5%
2017年 21,056 11,366 185.2%
2018年 35,130 13,989 251.1%
2019年 23,373 12,339 189.4%

流動比率は安全圏で推移していて、短期的な財務には問題がありません。かなり健全な部類ですね。

長期債格付け

スタンダード&プアーズ ムーディーズ
2016年 A A3
2017年 A A3
2018年 A A3
2019年 A A2
  • S&PのAの定義→金融債務を履行する能力は高いが、上位 2 つの格付けに比べ、事業環境や経済状況の悪化の影響をやや受けやすい。
  • ムーディーズのA2の定義→中級の上位と判断され、信用リスクが低い債務に対する格付。※ 同じAの中では、A3よりA2が上位。

BHPグループのキャッシュフロー

原油価格暴落とチャイナショックにより、業績が悪化した2015年〜2016年でも、フリーキャッシュフローはプラスを維持していました。その後回復しています。現在は財務が良く、キャッシュフローも良好です。

配当金の推移

業績が悪化した2016年には減配がありました。その後回復しています。オーストラリアの株はアメリカ株と比べて、業績悪化時に減配しやすいように感じます。この銘柄を持つ上では、資源の価格変動によって時に減配も有り得ると、想定した方が良いかもしれません。

事業の見通し

資源別の収益割合

単位:百万ドル 収益(2019年) 割合
石油・ガス 5,930 13.4%
10,838 24.5%
鉄鉱石 17,255 39.0%
石炭 9,121 20.6%
その他 1,144 2.5%

今後の展開

BHPグループは石炭事業からは段階的に撤退する一方で、石油事業では今後高いリターンとキャッシュフローを生み出す見通しを示しています。また、埋蔵量が大幅に上方修正された、スカボローガス田など、いくつかのガス事業への参画を計画しています。

BHPグループの収益は、資源を取得や開発を事業としているため、資源価格に左右されます。資源価格の推移は読めません。複数の資源を扱っていて、分散されているのは良い点ですね。

オーストラリア株への投資について

各指標の比較

日本 アメリカ オーストラリア
人口
GDP成長 横ばい
総債務残高 237.69% 106.22% 41.76%
国債格付け A+ AA+ AAA
リターン 4.5% 6.5% 7.5%

※ 総債務残高は対GDP比です。リターンは1990年〜2006年の市場平均の年率です。

オーストラリアの見通し

BHPグループはオーストラリア株ですが、オーストラリアに投資するのは、なかなかメリットが高いのではないかと思います。シーゲル教授の調査(1990年〜2006年)によると、オーストラリアは株式のリターンでアメリカを上回る、数少ない国の一つでした。

今後、長期的に人口増が予想され、債務が小さいこともプラス要素です。オーストラリアの人口は、2100年には2015年比で75.8%の増加予想、一方で日本は33.9%の減少予想です。国債格付けはS&Pのものを掲載しましたが、ムーディーズとフィッチでも、オーストラリアの債務格付けは最高格付けになっています。

BHPグループ株について

日本の証券会社からオーストラリアに投資をする場合、買う価値が全くないファンドを除くと、BHPグループとウエストパック銀行しか選択肢がありません(今後増えるとは思いますが)。

同社は資源会社のため、株価が資源価格の推移によって大きめな幅で変動してきました。財務もキャッシュフローも良く、オーストラリア自体の見通しが良いため、安い時期には個人的に買いだと思っています。現在、安くなり始めているため、取り上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です