Long-term investment

【AZN】アストラゼネカの銘柄分析。抗がん剤に強み。高配当ADR。

アストラゼネカとは

本拠地 英・ケンブリッジ
創業 1999年
セクター ヘルスケア
ティッカー AZN

アストラゼネカはイギリスの大手製薬会社です。

前身のICI社(イギリス)は創業1925年、アストラ社(スウェーデン)は1913年創業。ICI社の医薬品部門(ゼネカ社)とアストラ社が1999年に合併して、アストラゼネカ社が1999年に創業しました。

営業利益

以下、数値のソースはアニュアル・レポートです。

2017年、2018年、2019年と下がっていますが、従来の医薬品(イレッサ等)の売上が落ち、新たなブロックバスター候補が認可を得て、シェアを獲得している過渡期にあたるためです。この数年株価は将来性を買われて上昇しました。

財務の推移

流動資産 流動負債 流動比率
2015年 16,007 14,869 107.7%
2016年 13,262 15,256 86.9%
2017年 13,150 16,383 80.3%
2018年 15,591 16,292 95.7%
2019年 15,563 18,117 85.9%

流動比率は短期的な財務の安定度を示す指標です。危険水域とされる100%を下回っているのは気がかりです。

フリー・キャッシュフローの推移

営業CFは26億〜41億ドルのプラスで推移。フリーCFも潤沢です。

肺がん治療薬「タグリッソ」

タグリッソとは

がんを増殖させる特定の分子を選択して、攻撃するタイプの抗がん剤(EGFR-TKI)です。同社のイレッサは第一世代にあたります。タグリッソは第三世代ですが、適用範囲がイレッサ以上に拡大され、シェアトップになっています。

アメリカでは2018年に、米国食品医薬品局 (FDA)から一次治療での使用を認可されました。これまでに、日米欧州の74か国で一次治療の承認を受けていて、今後のオンコロジー事業の中核になるのは間違いありません。

タグリッソの売上高の推移

2015年から販売が開始されました。2015年には1,900万ドルだった売上高が、2019年には31億8,900万ドルまで伸びています。

参考 肺がんEGFR-TKI タグリッソが市場を席捲。全ラインでシェア55%、1次治療新規では80%ミクスonline

株価の推移

AZNとGSKの比較 source yahoo finance

同じイギリスの大手製薬メーカーである、グラクソ・スミスクラインとの比較です。アストラゼネカが緑で、グラクソ・スミスクラインが青です。

営業利益の推移を比較すると、グラクソ・スミスクラインの方が良いです。しかし、タグリッソやがん免疫療法など、今後の期待値が高いアストラゼネカの方が買われています。コロナショックを受けても、アストラゼネカの株価は2018年の水準を上回っています。

個人的な評価

アストラゼネカはオンコロジー事業に強みがあり、将来性は高いと思います。しかし、バリュエーションの観点からは、現時点では「買い」とは言えません。

アストラゼネカと抗がん剤分野で提携した第一三共の株価も、提携の発表後に株価が一時、2倍近くに上昇しました。期待が大きい分野です。コロナショックでもあまり下がりませんでしたが、株価が下落した時には購入を検討したい銘柄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です