Long-term investment

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の評価・解説

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)とは

eMAXIS Slimシリーズのインデックス・ファンドです。このファンド一つで全世界に分散投資できます。

運用会社 三菱UFJ国際投信
ベンチマーク MSCI ACWI
信託報酬 0.1144%(税込)
純資産額 160.00億

MSCI ACWI(オール・カントリー・ワールド・インデックス)とは

このファンドのベンチマークとなるMSCI ACWIは、MSCI社が算出している全世界株式の指数です。

構成国割合

 

全世界株式クラスでも、時価総額比重のため、アメリカが約56%を占めています。日本は7%。

ここから日本を除いた、MSCI ACWI(日本を除く)もありますが、日本が外れる分他国の比重が上がり、アメリカは約60%になります。日本株の将来に悲観的な場合は、「日本を除く」の方が良いですね。

構成銘柄(上位10銘柄)

銘柄 ティッカー 時価総額(十億ドル) 構成割合
アップル AAPL 1,207.75 2.45%
マイクロソフト MSFT 1,098.06 2.23%
アマゾン AMZN 757.16 1.54%
フェイスブック A FB 485.09 0.99%
JP.モルガン JPM 421.30 0.86%
アルファベット C GOOG 407.94 0.83%
アルファベット A GOOGL 390.62 0.79%
ジョンソン・エンド・ジョンソン JNJ 362.86 0.74%
アリババ BABA 338.46 0.69%
ビザ V 318.64 0.65%

上位銘柄の内、アリババのみ中国株で、他はアメリカ株です。

MSCI ACWIとS&P500、MSCIコクサイの比較

指数の概要

  • S&P500:米国株式500銘柄で構成。
  • MSCIコクサイ:日本を除いた先進国株式の指数。22国で構成。
  • MSCI ACWI:全世界株式。先進国(23国)と新興国(26国)で構成される指数。

リターン比較(年率)

S&P500 MSCIコクサイ MSCI ACWI
1年 19.55% 15.70% 13.68%
3年 11.73% 13.36% 11.95%
5年 9.62% 8.46% 7.24%
10年 11.10% 10.27% 8.63%

数値のソースはS&PとMSCI(Factsheet)。いずれも2019年10月末時点です。

この10年間のリターンを見ると、米国一本(S&P500)のリターンが高いですね。次いで先進国株式(MSCIコクサイ)。全世界株式(MSCI ACWI)は、日本と新興国が足を引っ張っているのか、最もリターンが低かったのが分かります。

それでも米国一本は危険

確かに米国一本のリターンが最も高かったです。しかしこのリターンが継続すると考える根拠はありません。

米国株式の歴史的なリターンは年利6.5%程度。この10年は強すぎたと見るべきでしょう。平均回帰性から、今後しばらくリターンが下がる可能性もあります。

未来のことは何も分からないので、分散性は高い方が安全なのです。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の決算概要

ベンチマークとの差異(トラッキング・エラー)

2018年10月31日〜2019年4月25日(決算)の間、基準価額の騰落率は9.3%の上昇。ベンチマークの9.5%の上昇を、0.2%下回っています。トラッキング・エラーは生じていますが、わずかですね。内訳は以下のとおり。

  1. 日本株式インデックスマザーファンド:+0.1%程度
  2. 外国株式インデックスマザーファンド:±0.0%
  3. 新興国株式インデックスマザーファンド :△0.1%程度
  4. その他(信託報酬等): △0.2%程度

実質コスト

信託報酬 0.072%
売買委託手数料 0.007%
有価証券取引税 0.021%
その他費用 0.019%
0.119%

2018年10月31日〜2019年4月25日の実質コストは、0.119%となっています。

半年で0.119%ということは、一年を通した実質コストはその2倍の0.238%程度になるでしょうか?

このファンドは、2019年11月12日に信託報酬が引き下げられているので、翌年度は実質コストの低下が期待できるでしょう。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の評価

次の理由から、最もお勧めできるインデックス・ファンドの一つです。

  1. このファンド一つで全世界に分散投資できる。
  2. 信託報酬が低く、純資産額も十分な規模。
  3. ベンチマークとの差異が小さい。

「オール・カントリー」か「除く日本」か

全世界株式クラスのうち、日本株式を含むeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)と、日本株式を除いたeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)で悩む人も多いかと思います。日本株式はオール・カントリーの7%を占めます。

どちらを選んでも、ハズレではないと思います。「個別株で日本株を持っている」という人は、eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)でも良いのではないでしょうか。日本株や日本経済の将来に悲観的な人も、「除く日本」が良いでしょうね。

人気は「除く日本」が上(追記あり)

人気は「除く日本」の方が少しだけ高いようで、純資産額がわずかに上です。どちらの純資産額も100億を超えています。その後も上昇しており、繰り上げ償還の心配はほぼありません。信託報酬は同じです。(令和元年12月17日時点)

ファンド 純資産額
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 111.69億
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 115.37億

追記

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」で1位になるなど、非常に高評価となっています。純資産額も、「オールカントリー」が「除く日本」を逆転しています。(令和2年2月5日時点)

ファンド 純資産額
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 160.00億
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 137.40億

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です